平成26年度味真野小学校スクールプラン

<教育目標>

「校庭の桜のように、元気で優しくたくましい味真野の子を育てる」

<めざす子ども像>

○よく考え、進んで学ぶ子

○みんな仲良く、優しい子

○健康でたくましい子

○最後まで取り組む子

<重点目標>

○確かな学力

 ・基礎学力の定着を図る。

 ・自ら学ぼうとする力を育てる。

 →具体的な取り組み

  ・確かな学力が身につくような授業研究を推進し、授業の改善に努める。

  ・言語活動等を活用し、表現力・コミュニケーション力を育てる。

  ・朝読書や家庭での読書等の推進を図る。

  ・家庭学習の習慣化を図る。

○豊かな人間性

 ・人権を尊重した温かい人間関係作りとたくましい心・感謝の心の育成に努める。

 ・道徳教育・特別活動の充実、福祉活動の推進に努める。

 →具体的な取り組み

  ・元気よく、あいさつや返事ができる子を育てる。

  ・道徳の授業、教育相談活動、縦割り班活動を充実させ、自他を尊重する心情や態度を育成する。

  ・学校行事や学級活動を工夫し、たくましい心を育てる。

  ・地域の様々な人との交流活動や異学年交流を通して感謝の心を育てる。

○健康な子

 ・望ましい生活習慣を身につける。

 ・体力づくりを推進する。

 →具体的な取り組み

  ・「早寝・早起き・朝ごはん」を奨励する。

  ・歯と口の健康づくりに取り組む。

  ・体育活動への自発的なチャレンジを呼びかけ、運動に親しむ態度を養う。

○信頼される学校

 ・地域と連携した学校づくりに取り組む。

 ・児童の安全対策に努める。

 →具体的な取り組み

  ・学校公開や各種だより・ホームページ等により積極的に情報発信を行う。

  ・地域人材を活用するなど地域との連携を深め、ふるさとを愛する心を育てる。

  ・地域の幼稚園・保育園・中学校と連携し、味真野の子の健やかな育成を図る。

  ・学校内外の児童の安全対策に努める。

<研究テーマ>

 「子どもが自ら学ぼうとする力の育成」

   ー自分の思いを伝える子・高めあう子をめざしてー