学校に不審者が侵入してきたことを想定して、避難訓練をしました。

「孫に合わせてくれ。」と言って不審者が入ってしまいました。教室の方へ行かないように、男性の教員が”さすまた”を持って押さえつけます。

教室では、先生の指示を受けて、扉にカギをかけて侵入できないようにして、子どもたちは机などの物陰に隠れて静かに待機していました。不審者に気づかれないことが大事です。

 

不審者確保の後には、全員が無事体育館に避難し、「いかのおすし」についてのお話を聞きました。

実際に”お”おきな声を出す練習もしました。「助けて~~~~。」「キャーー。」

それだけ大きな声で助けを呼ぶことができれば、大丈夫です。