「理科室で火災が発生しました。校庭に避難しなさい。」の放送で、一斉に校庭に避難して来ました。

放送から3分程度で、全員が避難し整列できました。大休みの訓練でしたが、放送を良く聞いて「お・は・し」に気をつけながら避難できました。

校長からは、火災の時の煙の話をしました。本校で一番元気で運動の得意な林先生と煙の広がるスピードについての話です。覚えているかな?お子さんに聞いてみてください。

消防署の方からは、「お・は・し」に加えて、「も」、戻らないことについて付け加えがありました。また、消火器の使い方のポイントについても教えていただきました。説明してくださった消防署の方は、王子保小学校卒業の大先輩でした。

いよいよ、消火開始!みごとに火のプレートに命中。でも、一番大事なことは、「火事だー。」と大きな声でさけんで、人に知らせたり力を貸してもらったりすることだそうです。