9月19日(日)にPTA主催で5,6年生の児童と保護者が参加して、大塩八旛宮ウォークを実施しました。学校から八旛宮までの30分ほどの往復には、やるキングクイズやビンゴゲームがあり、飽きることなく楽しみながら歩くことができました。

 

八旛宮では、自治振興会の文化部の方が神社の歴史やいわれ、手水や参拝の作法などを教えてくださいました。

 

 

参拝が終わると、総務部手作りの「やるキングおみくじ」。「超大吉」などもあり大喜び、引いた子は自慢気に見せてくれました。

 

そして、ここからはいよいよ山道です。20分ほどの林道をワイワイ言いながら楽しみました。切り開かれた見晴台からは、小学校がはっきり見えました。新幹線の線路や日野川、越前市内の様子がよくわかりました。

 

 

山道の終点では、如意転観音像が出迎えてくれていました。住職さんが出てきてくれて、八十八箇所めぐりができることを教えてくれました。一箇所ずつ丁寧にお願い事を言って、後はその願い事をかなえるために実行に移すだけです。

 

親子で王子保地区の歴史と自然を満喫できた半日でした。計画、準備をしてくださった実行委員や説明をしてくださった自治振興会の皆様、ありがとうございました。