2学期が始まりました(9月)

2学期になって、10日が経ちました。

まだまだ暑い日が続くかと思いましたが、

朝夕は、秋の虫の鳴き声も聞こえてきます。

秋を感じる毎日です。

 

2年生の子どもたちも、はじめの3日間は何だか緊張していた様子でしたが、

学校生活に次第に慣れてきて、にぎやかな声も聞こえ始めています。

 

3日(金)の朝は、ボランティアさんによる読み聞かせ。朝の時間にほっこりした気持ちになりました。

 

国語「雨のうた」の音読は、3人グループになって練習し、6日(月)にみんなの前で発表会をしました。どきどきしたね。

 

また、体育の時間の前に、冬野菜の大根の種を一人3粒ずつまきました。

こんなに小さな種(1・2ミリ)が大きな大根になるなんて、びっくり!!

 

 

生活科の時間は、おもちゃづくりを始めました。

まずは、保護者の方からいただいた「松ぼっくり」を使って、

「松ぼっくりのけん玉」を作ってみました。

 

作った後は、さっそく遊んでみました。

練習すればするほど、上手になっていきます。

来週は、動くおもちゃ作りに取り組みます。

 

これから、いろんな学習があります。楽しみですね。