国語の「山小屋で3日間すごすなら」の学習で、班ごとの話し合い活動をしていました。

まず、自分がもっていきたい道具をたくさんの付箋に書き出します。次に、グループでやりたいこと3つを決めて、最終的にもっていく道具5つを決めるという学習です。自分の付箋や友だちの付箋を動かしながらをよく話し合いをしていました。道具を決めるときには、理由を伝えながらみんなに納得してもらおうと頑張って説明していました。

一人1台端末の導入でiPadを使っての意見共有が増えていますが、付箋を使ったこのようなやり方もいいです。顔をつき合わせて話し合う姿に、暖かさを感じました。