ICTを活用した授業づくりがさかんに取り組まれており、6年生の面積を求める方法では、デジタル教材を使って考えていました。タッチペンでます目を数えたり、線を引いたり、式に表したりとそれぞれに自分のやり方を書き込んでいます。

これまでノートやワークシートの書き込んでいたことも、iPadに書き込むことで、先生のPCでは誰がどのように考えいるのかがわかり、画面を切りかえることで友だちの考えも知ることができます。

 

  

PCを使うことで、友だちの多様な考え方をヒントに自分の考えを深めることができることがねらいです。先生達の夏休みの研修が活かされています。