図書ボラさんの活動が始まりました。現在10名の方が、9月からは11名の保護者や保護者OBの方々が、月に1回10分程度のお話を読んでくれます。

「あっつ、今日は読み聞かせがあるで、早くもどらなあかん。」朝の図書室では、そんなことを言ってうれしそうな表情で教室に急いで戻っていきました。図書ボラさんの読み聞かせを、とっても楽しみにしているのです。本校の児童が本の好きな子が多いのも、図書ボラさんのおかげです。各教室では、集中してお話を聞いていました。

 

「10分で読むのってなかなか難しいね。1冊にしようか、2冊にしようか、とても迷うんです。」

「絵を見せようとすると、字が読みにくくなるし・・・。」

「プロジェクターで絵を見せると、授業みたいになってしまうしねぇ。」

子ども達に喜んでもらおうと、ミーティングをして新しいアイデアがないか話し合いをしています。ありがたいことです。