市の教育委員会から指導主事の先生3名に来ていただいて、学校の取り組みや先生達の授業についての指導を受けました。本校は年に2回の訪問がありますが、今日はその1回目。越前市の小学校では最初の訪問で6つのクラスが授業を見ていただきました。

今年からiPadが導入されたこともあり、授業での有効な活用方法が大きなテーマになっています。3年生では漢字の音訓を使った問題づくりをした後に、互いに問題を解き合う活動にiPadを上手に活用していました。5年生では社会の学習問題について、班ごとにシートにまとめたものを発表する活動に活用していました。事前に模擬授業をしてみるなど、よい授業づくりの研究をしたものの、指導していただいて新たな活用方法に気づいた先生もいたようです。

 

6校時には、職員みんなで研究会を持ち話題の共有をしました。

今日の学びをきっかけに、もっとわかりやすい授業を目指していきます。