5年生の社会科の米作りの学習の一環として、保護者の高山さんが使っている田をお借りして体験学習をしていきます。

 

事前にしろかきした田んぼに手作業で稲を植えます。植え方の説明を聞き、担任の先生の見本を見せてもらった後に田んぼに侵入?はじめは、恐る恐る。

「うわぁああ~。」「動けんー。」奇声が上がりましたが、見よう見まねで作業を始めました。

はじめのうちは慎重におっかなびっくり動いていましたが、慣れてくると大胆に田んぼの中を自由に動けるようになってきました。どろんこになる児童もいましたが、二度とできないような体験を満喫したようです。

 

農薬の噴霧器を担がしてもらったり、最後の仕上げの田植機に乗せてもらったりしました。

学校の近くなので、時折稲の生長を観察しながら、刈り取りの時期を楽しみに待ちたいと思います。