算数の時間に分度器を使って180度よりも大きな角度の作図をしました。

「180度にあと120度たして、・・・」丁寧に分度器を動かして作図していました。

算数の作図は意外と難しいんです。線がずれたり、中心が動いてしまったりと、その上に先生は1度以上ずれてたら合格はくれません。

 

早く合格した子が、サポートしてあげています。微笑ましいです。

 

「こうすればいいんやで。」「そこ、もうちょっと。」のぞき込んでいる眼差しにはそんな優しさが感じられますね。このような助け合いのできる学級は素晴らしいですね!