パソコン質でタブレットを使って3年生の思い出を仕上げていました。早く終わった子は、タイピングのゲームで集中していました。

もう一方のクラスでは、そろばんでたし算ひき算をしていました。筆算でしたら早く終わりそうな計算なのに、”たま”をどのように動かせば良いのか考えていると時間がかかります。

 

最新のパソコンと伝統的なそろばん、2つのクラスが対照的な道具を使って学習中でした。でも、友だちの様子をのぞき込んで教え合いがあるようです。使う道具が変わっても、学び合いは変わらないようです。