久しぶりの雪の朝でした。10センチあまりの積雪で、気温が低かったせいかふかふかで、校庭に子ども達が飛び出してきました。雪の上に寝転がる子を撮っていたら、みんなが集まってきて同じように寝そべりました。雪のベットで気持ち良さそうに目をつぶっています。「つめてっ。」積雪量が少なかったので、尻がじわりと濡れてきたようです。一斉に駆け出して、今度は雪合戦を始めました。

 

そんなころ、6年生は図書室でのんびりくつろいでいました。図書支援員さんに本の読み聞かせをおねだりしたようで、二人のためだけの読み聞かせ?・・・ぜいたくですね。3人とも笑顔でニコニコ楽しそうに読んでいる姿が印象的でした。6年生が学校に来る日数も少なくなってきたので、支援員さんは次回は、よりすぐりの本を用意してくれるそうです。