算数で立方体・直方体の学習をしています。

立方体や直方体を作っている6つの面を、方眼用紙に書き写して丁寧に切り取っています。長さを間違えると立体が組み立てられません。慎重に作業を進めています。方眼紙に書いてパーツを切るまでで1時間が終わってしまいました。次の時間にきちんとした直方体と立方体の箱ができるといいですね。

隣のクラスでは、見取り図の作図に取り組んでいます。見えない線は点線で書きながら、立体的に見えるか遠目にして確認していました。定規を使って、ずれないようにまっすぐの線が引けているのが印象的でした。たくさんの見取り図をかいて、自慢気にしている児童もいて、バッチリですね。