冬場の運動の代表は、狭い場所で、短時間で多くの運動量が確保できるなわとびです。1年生も休み時間や体育の時間に熱心に取り組んでいます。

”前とび”と”後ろとび”そして”前あやとび”に挑戦中です。ずいぶんと上手になり、なわを連続でとべるように姿勢がくずれないようにジャンプしています。なわを回す手の動きも、だんだんコンパクトに洗練されていくようです。

 

回数を数える側も集中しています。とんでいる子の動きに合わせて、体を揺さぶりながら声を出して数えています。算数で大きな数を勉強したばかりですからね。

また、ひっかかっている子には、心配そうに見守っています。後ろ姿からも応援している様子が伺えます。

休み時間も、ワークスペースいっぱいに広がって練習しているのでどんどん上手になっています。ご家庭でも、休日一緒になわとびをすることをおすすめします。