校内では、文部科学省のギガスクール構想に向けての準備が進められています。1人に1台のパソコンが用意されても、それを使いこなすことが必要になります。今日は、3年生の国語と4年生の体育で活用しているを紹介します。

3年生では「わたしの学校自慢」で発表資料作りをしています。タブレットを使用して図書室のじゅうたんスペースの写真を取り込み、発表原稿に合わせたスライドショーを作成するようです。ズーム機能を使って、自慢ポイントが伝わるように撮影していました。

4年生の体育では、跳び箱を跳ぶ動作を動画で撮影しています。撮影された動画は10秒後に遅れて再生されるので、ちょうど跳んだ人がパソコンの前にきた時に自分の動画が流れます。手のついた場所や足が伸びているかなど、意識した動作ができているか本人にフィードバックできます。
他にも、パソコンを使って意見の交流などを行っています。

 

1人1台になる来年度に向けて、できることから実践に取り組んでいますが、少し教えただけでも子ども達は上手に使いこなし、大人の方がついていけなくなるような気がしますね。