2月2日は節分、今日の給食は手巻きずしの「節分こんだて」です。1年生にとっては初めての手巻きずし、上手にできているかのぞいてみました。

のりの上に酢めしを広げ、新香やツナをのせてパクリ。のりから具がはみ出さないように気をつけながらパクリ。大きな口を開けて、おいしそうに食べている子ばかりでした。中には、「ご飯がすっぱ~い。」と言っている子もいました。当たり前のことですが、なぜか新鮮な感想に聞こえました。

お隣の2年生教室でも、おいしそうにパクリ、パクリ、いつもよりも大きな口を開けて食べている子ばかりでした。頼もしいですね。

3年生の教室では、全員が外の窓の方を向いて食べていました。今年の恵方は南南東なので、その方角を向いているのです。「方角だけでなく、黙って食べなあかんのやで。」縁起の良いことが起こるといいですね。