3学期のスタートは大荒れの天気になりました。警報級の寒波に覆われ、明け方から一気に雪が積もりました。そんな中、子ども達は寒さに負けずに元気に登校してきました。12月にも降りましたが、今回の雪は低温のせいでふかふかで、子ども達はその感触を楽しみながら歩いているようでした。スコップ片手に集団登校に付きそってくださった方もいて、安全に登校できました。「ありがとうございました。」

 

校舎に入るとさっそく図書室で本を借りに来る子の姿。感心、感心。一方、大休みには、吹雪の中元気に外に飛び出して雪遊び。これも雪国ならこその醍醐味です。掃除の時には、玄関先の除雪もしてくれました。スコップの扱いもさまになっていますね。

荒れた天候の一日でしたが、久しぶりに会った友達との会話も弾んだようです。楽しい3学期にしましょう。

また、たくさんの雪が降りましたが、地元の業者の方がボランティアで除雪に入ってくださっています。朝6時30分から重機を使って駐車スペースを確保してくださいました。本当にありがたいことです。

5メートルの程の雪の山ができています。