音楽室から「旅立ちの日に」の音楽が聞こえてきました。この曲は、卒業式の合唱曲の定番です。思わず引きこまれるように、音楽室の中へ。

今年は、コロナの影響で大きな声で合唱をすることはできません。1m程度の距離を取り、マスクをつけ、窓を少し開けた対策を取りながらの合唱です。

「大きな口をあけて!」「もっと声を出して!」「腹から声出して、音程とるよ。」

普段ならこんな指導が入りますが、今年はそういうわけにはいきません。

 

ピアノの音を聞き、マスクごしに歌いながら歌詞の意味を考えることで、しんみりとした気持ちになりました。「卒業」を意識するひとときでした。