むつみの時間に、理科室から火災が発生したことを想定して避難訓練をしました。

休み時間でしたが、遊んでいる場所から、口と鼻を押さえて静かに体育館に集まってきました。 

 

校長からは、マッチ一本の小さな炎でも、みんなの家や命など大切なものを簡単に燃やしてしまうことや、京都アニメーションの火災では、真っ黒の煙と大きな炎でたくさんの人が亡くなったことを話しました。 

 

消防士さんからは、避難の様子についてお話がありました。全員が体育館に集合するまでに4分40秒。とっても早く避難できて良かったとほめられました。また、消火器の使い方についても教えてもらいました。油用、電気用の消火器があることや、粉の出る距離や時間について学びました。

今日の避難訓練を忘れずに、どんな時も自分の命を守れる行動ができるようになって欲しいです。