大塩八幡宮たんけんに出かけました。

1組と2組に分かれて、各ポイントで自治振興会の文化部の方がクイズを出して下さりながら見学しました。

3択クイズに答え、実際に体験を交えながら詳しく教えてくださったので、楽しく学習することができました。

 

どんなクイズがあったのか、少し紹介します。

第1問、大塩八幡宮は、何年前にできたでしょう?

答えは、約1100年前です。

第2問、鳥居を建てたのは誰でしょう?

答えは、朝倉氏です。大塩八幡宮には、「戦いに勝つために祈る神様」がいます。

朝倉氏がこれからもさかえるように、と願いをこめました。

 

その後、二の鳥居から三の鳥居まで続く石段の数を数えながら登りました。

 

手水舎では、清め方を教えていただきました。

 

武生のお殿様、本田富正から寄贈された鐘もつかせていただきました。

 

拝殿では、宮司さんに歴史や作法を教えていただきました。

 

子ども達は、体験し、お話をお聞きし、メモをとり、たくさんのことを学ぶことができました。

お家の人と一緒に行って、教えてあげたい!と話している児童もいました。

 

大塩八幡宮たんけんについて、学校公開で発表します。お楽しみに!

また、丹南ケーブルテレビで、11月14日(土)から一週間放送される予定です。

時間は、9:00 18:00 21:00です。ぜひご覧ください。