王子保小学校では、学校生活のいろいろな場面で学年の違う人たちが集まった「わくわく班活動」を行っています。上級生が下級生の見本になって活動すること、下級生は上級生のいいところを見つけて真似できるように成長することをねらいとしています。今年はコロナの関係で遠足をやめ、室内遊びをして友情を深めました。

ゲームの担当は5年生。でも、6年生が上手に司会をしてサポートしてくれています。6年生はやっぱり頼りがいがありますね。

 

ハンカチ落とし、だるまさんが転んだ、イラストしりとり、新聞陣地じゃんけんなどのゲームを楽しみました。

 

 

ゲームに参加したくない1年生には、5年生が優しく寄りそって面倒を見てくれています。いいなあ~。