1組と2組の担任の先生が入れかわって授業をするローテーション道徳をしました。

担任は、それぞれの教材を前の週に自分の学級で授業をして、今度は、学級を変えて同じ授業をしました。

 

【2組の先生の感想】

2組でも同じ授業をしましたが、一人一人から出てくる意見が違い、クラスの特徴が出ていました。

 

【1組の先生の感想】

1組とは違った反応を見ることができて、授業が楽しかったです。

 

ローテーション授業では、担任の先生が同じ授業を2回することになり、1回目よりも2回目の方が質の高い授業に挑戦することができます。また子どもにとっても、となりのクラスの先生の授業を受けるのは、わくわく感があり、意欲的が高くなるようです。