音楽室からリコーダーのきれいな音が聞こえてきます。5年生が「小さな約束」のリコーダーに挑戦していました。コロナ感染症で飛まつのことが心配されるようになり、合唱やピアニカ、リコーダーの学習はしばらく避けていましたが、人との間隔を十分にとって少しずつ再開しています。

  みんな真剣に取り組んでいますね。

 

ひびきを感じ取りながら演奏しようというねらいなので、近くの友だちの音にも気をつけながら弾いています。

先生の合図に合わせて息つぎするときには、みんなの肩とリコーダーの先が上がって、意識している様子がよくわかります。授業の後半には、いい感じの演奏になってきました。