国語の「はなのみち」「おおきなかぶ」「おむすびころりん」の中から好きなものを選んで、音読発表会をする練習をしていました。

ペアになって音読しあったり、チームで一緒に音読したり、手拍子のリズムに合わせて音読したりといろいろ工夫をして練習していました。結構長い話ですが、教科書を見なくてもすらすらと読み上げることができていて感心です。

私の所に寄ってきて、「おむすびころりん ぶころり すっとんとん。・・・・」いきなり音読開始です。途中で止めさせることもできず、最後まで聞くしかありません。音読が終わると、少年は、涼しい顔をして後ろを向いて行ってしまいました。

 

本番の発表会では、上手に発表ができ、はなまるをもらえて大満足の子が多かったそうです。