2校時とむつみの時間を使って、「王子保駅大そうじボランティア」をしました。おそらくJR駅に日本一近い場所にある王子保小学校。朝のあいさつやイルミネーションプロジェクトなども行ってきましたが、今日は駅の大そうじボランティアをしました。地域の人に気持ちよく使ってもらおうと、一所懸命に取り組みました。この時期は、虫が多くクモの巣がいっぱいありましたが、ほうきやモップできれいにしました。武生駅の駅長さん達にも喜んでいただいて、ますます王子保駅を大切にしようと思った子も多いようです。

児童の感想・・・・・・

・駅の待合室は、虫がいっぱいいたのでちょっとこわかったけど、きれいにするためにがんばりました。仕事に行く人が、いい気持ちになるようにすみずみまできれいにそうじしました。とても気持ちがよくなりました。

・たくさんのクモの巣やほこりがあったのでびっくりしました。よごれているゆかを、ブラシとぞうきんでふきました。そうじをしていたら、電車が通って元気がでました。そうじが終わったら、きれいになってうれしくなりました。これからもたくさんの人が使ってほしいです。

・待合室をそうじしたので、待つ人の気持ちを考えられました。ぞうきんで窓をふきました。虫がいっぱい出てきたけど、がんばりました。ちゃんとそうじができてよかったです。