6年生の廊下の掲示板には、国語で学習した独楽吟の作品が掲示してあります。独楽吟は、福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧(たちばなのあけみ)が、「たのしみは~とき」の形で詠んだ52首の連作の短歌のことです。6年生も生活の中での楽しみを、「たのしみは」ではじまり「とき」で終わる短歌を詠んでみました。

 

家族や友だちと一緒にいたり遊んだりといった、素朴なことに楽しみを感じる作品が多いようです。

では先生も一句、「たのしみは マスクの下から 微笑んで 朝のあいさつ 帰ってきたとき」