今日は朝から快晴、とても暑くなりそうです。登校してきた子どもたちは、宿題や連絡帳などを出したら、まずはミニトマトの水やりです。今日は赤くなっているかな~と期待しながら、水をくんでやってきます。

「先生、ほら。赤くなってるよ。」

「ほんとだ。どうするの?」

「あっ。クモの巣はってる。ちっちゃいクモがいるよ。」

「ここにもいるよ。」

「トマトに近づいてくる虫をつかまえて食べるのかな~。」

返事よりもクモに興味がいってしまったみたいです。

いろいろなことに興味を持ち、こんなたわいのない会話の中で、子どもたちはいろんなことを学んでいくのでしょう。ご心配なく、赤くなったトマトは、家に持って帰って食べることもちゃんと教えてくれました。