令和元年度の3学期に学習するはずだった単元の指導用動画を、越前市の学校の教員が分担して制作しています。本校では、教員の資質向上の機会ととらえ、低学年と高学年、若手と中堅の教員が混じった4名程度のグループを作って、動画作成に取り組みました。どのように指導をすると効果的なのか、どのような映像にすると理解しやすいか、どの言葉を使うとわかりやすいのか、グループで十分な話し合いをした上で撮影に取りかかりました。

 

 模型や実物を使ったり、パワーポイントを使ったりと各グループでアイデアを出しての取り組みになりました。臨時休校で子どもがいなくて寂しい気持ちでいっぱいですが、子ども達にわかりやすい授業をするための情熱はモリモリです。再開を心待ちにしています。