各クラスのレクリエーション係が工夫を凝らし、学期末のお楽しみ会を開きました。

 

一組ではレクリエーションの一つに、「魔法のいす」というお互いを信頼しあうことで成功する企画がありました。後ろの人を信じて、全体重をかけることは不安で、何度も失敗しましたが、一組の絆で最後には成功することができました。

二組では教室を使った宝探しを行いました。すべての宝(=言葉が書かれた紙)を集めて合わせると「キラリ4の2」という言葉になります。班で答えを導き、分かった時にはみんな、にっこりと笑顔を見せていました。

三組では、かくし芸大会を行いました。クラスメイトの意外な一面に感心しっぱなしの一時間でした。また一つ、お友達の良さを知ることができました。

 

どのクラスのレクリエーション係もクラスの絆をより一層深めるために、時間をかけて準備してくれました。夏休み前にすてきな思い出ができました。