晴天のもと、吉野小学校の体育大会が開催されました。2年生は、3クラスが2色に分かれましたが、赤組も青組も、自分たちでできることは進んで練習をして一生懸命がんばってきました。 学年も一つ上がり、特に、みんなでバトンをつなぐリレーや、友だちと一緒にフラフープ、ボール、なわとびをする遊戯走、そして、1年生の手を引いて入場する玉入れをがんばりました。去年より、本当にたくましくなり、暑い中でしたが、最後まであきらめずにやりきりました。 教室に戻っても、まだ笑顔を見せる余裕。体育主任の白崎先生から、「今日まではライバルだったけど、明日からはまた力を合わせてがんばろう。」というお話がありましたが、さっそく、困っている友だちを助けてあげることもできました。子どもたちの成長ぶりに、感動した1日でした。