5月8日(月)

今日は火災を想定した避難訓練が行われました。

校庭に避難し、消防署の方のお話をお聞きしたり、6年生の消火器体験を見学したりした後、

場所を変えて5年生だけ救助袋を使った避難方法を消防署の方に教えていただきました。

時間の都合上、残念ながら全員は体験することができなかったのですが、

代表の友達が無事地上に避難出来ると、まるで自分のことのように歓声をあげて喜んでいました。

 

実際に使用することのないことを心から願うばかりですが、

「いざ!」というときに自分の身を助ける知識は一つでも多く持っておくにこしたことはありません。

今日は、とても貴重な時間を過ごすことができました。

「自分の身は自分で守る力」