人権擁護委員の直江先生が人権教室を開いて下さいました。 まずは、人権擁護委員の仕事のしょうかいです。 次に、「白い魚とサメの子」というお話を聞きました。一人一人にいいところがあるというお話です。
お母さんが、子どものために涙する場面では、みんな深く感動したようです。 そして、みんなで輪になって、金子みすずの「わたしと小鳥とすずと」を音読したり、人権の歌を歌ったりしました。 突然、登場したあゆみちゃんにみんな大喜びでした。一緒に楽しく踊りました。