9月30日(金)

リコーダーパート

鍵盤ハーモニカパート

全体で合わせて合奏

群青を聴いてもらいました

修学旅行も終わり,次は学習発表会モードに切り替えです。

合奏,合唱,その他・・やることはたくさんありますが,まずは個人でしっかりと自分が演奏する

楽器の練習に取り組んでいきます。

練習の最後には,1週間,山梨県から視察に来られていた先生に,群青を聴いていただき,

「心がゾワっとしました。」

との感想をいただきました。

何の練習もなく,突然の演奏だったので,ミスも多く完璧ではなかったものの,

まだまだ6年生の歌声には聴いている人の心に訴える力があることは十分に伝わってきました。

 

10月3日(月)

放課後に,学習発表会で各学年が使用する楽器をみんなで協力して音楽室から体育館に移動させました。

ちょっとでもぶつけないように

少しの段差でも持ち上げて

楽器を傷めないように細心の注意を払いながらも,テキパキと作業する姿はさすが6年生でした。

 

行事の準備や後始末を行うことは,高学年としての自覚を育てることに繋がります。

どの学年も練習に集中して打ち込める環境を,5年生と協力して作り上げることができました。

 

いつの間にか教室には,

「学習発表会で,見てくれている人を感動させる!」

という言葉が目標として書かれていました。

22日の本番を,楽しみにしていてください!

「学習発表会に向けて怠りない準備一心」