9月28日(水)

初めての八つ橋づくり

上手にできるかなあ

最後のお土産スポット,何買おうかな

昼食を食べた後は,「八つ橋づくり」と「京友禅染」の2つに分かれて伝統体験を行いました。

八つ橋づくりでは,火を使うので火傷が心配でしたが,子どもたちは説明をしっかりと聞き,

上手に3種類の八つ橋を作りあげました。

すでにご家庭で試食されたことと思いますが,お味はどうだったでしょうか?

京友禅ってきれいだね!

ダブルでご指導いただきました

お礼のあいさつもしっかりと言えました

もう一つの京友禅染体験場所は,昼食会場から少しバスで移動したところにあります。

色々な図柄があり,どれも魅力的で子どもたちはどれにしようか迷っていました。

筆の動かし方で,色の濃さが変わり,同じ図柄で作業しているのですが,仕上がった作品はどれも同じものはありませんでした。

これから,大切に使ってくださいね!

雨に濡れる金閣も美しい

雨の中写真撮影の順番待ちです

カメラマンさんとはここでお別れ

それぞれ普段出来ないような貴重な京都伝統体験を行い,最後の見学地となる金閣で合流です。

ここでは残念ながら雨にあい,はじめはカッパを着ての訪問になりました。

垣根の間を歩き,その先にある金閣を目にしたときの驚きは,何度行っても変わらないものです。

初めて目にした子どもたちは,その圧倒的な美しさに声を上げ,目を,心を奪われてしまったようです。

近くで見ると,小さな金箔が何枚も何枚も貼ってあるのがよくわかりました。

 

「金閣を建てたのは?」「足利義満!」「ぶー!大工さん」

なんてやり取りもしつつ室町文化に想いをはせ,修学旅行最後の訪問先である金閣を後にしました。

2日間,子どもたちのたくさんの笑顔をカメラに収めてくださったカメラマンさんとはここでお別れをしました。

本当にありがとうございました。

校長先生のお話

たくさんのお出迎えに感謝です

立派な解散式のあいさつでした!

金閣を出てから学校に到着するまで,子どもたちも疲れただろうしさすがに寝るかと思いきや,

そこからまた「あのゲームしよう!」だの「歌を歌おう!」だの,元気なことこの上なし。

学校に到着するその瞬間まで元気いっぱい楽しんでいました。

ガイドさんも,いろんなゲームなどを用意してくださっていたことと思いますが,

ほとんど子どもたちがマイクを独占するという・・・ガイドさんには大変申し訳なく思っています。

 

解散式で,代表の児童が述べました。

「お世話をしてくださった先生方や添乗員さん,バスの中で楽しい時間をつくってくださったガイドさん,

安全に僕たちをいろんな場所へ連れて行ってくれた運転手さん,そして気持ちよく送り出してくれた

家族に感謝しています。」

今回の修学旅行では,本当に多くの貴重なことを体験し,知り,学びました。

でもそれは自分だけの力では成し得なかったことに気づき,感謝の気持ちを持つことが何より大切です。

そして,その気持ちを忘れず,今回学んだいろいろなことを,今後の人生に役立てていってほしいと

担任一同心から願っています。

 

保護者の皆様,1日目は朝早くから,2日目は夜遅くに,送り迎えをしてくださったこと,

また,事前の準備等でも,子どもたちと一緒に様々な準備をしてくださったこと,心から感謝しております。

本当にありがとうございました!

the end

「一人じゃないと気づく一心」