本日2時間目の終わりからフリータイムにかけて火災を想定した避難訓練を行いました。

教頭先生や消防署の方のお話をお聞きした後、6年生の代表児童が消火器体験をしました。

「火事だー!!」

と大きな声で叫び、冷静に消火器で火元(今日はパネル)をめがけて噴射できました。

本当に火事を見たときに冷静に避難、初期消火ができるよう、このような訓練は大切だと感じました。

「天災は忘れたころにやってくる」「備えあれば憂いなし」

今日お聞きしたこの言葉を忘れないようにしたいですね。

 

「防災一心」