5月11日(月)


今日は、フリータイムに全校朝会がありました。
校長先生のお話は、「竹」でした。

 

竹の種子が地上から芽を出すには長い年月が必要になります。
約4年間は、目に見える成長がありません。
しかし、5年目でようやく地上から芽を出すと、6週間で一気に30メートルくらいまで伸びます。
一気に竹が成長する理由は、最初の4年間で地下に茎を張り巡らせていき、
頑丈な土台ができるからだと言われています。

 

人間の成長も竹の成長と似ていて、長い期間の地道な努力を続けているからこそ、
急成長を可能にしているように見えるようです。
吉野っ子のみなさんも、竹のように夢を持って、
その夢に向かっていろんなチャレンジをしていってくださいね!