10月12日は、市指導主事訪問日にあたり、「目的に応じたICTの活用」を1つの目標にして、各教科で授業に取り組みました。

5校時は全体参観授業で、1年3組の道徳科の授業が公開されました。「年齢によるお年玉の違い」「車椅子の優先入場」などの日常場面をもとにして「公平」について対話しながら考え合う授業でした。「なぜ公平が大切なのか?」「公平に生きるとはどういうことか?」と生徒は考えていました。

放課後の授業研究会では、生徒の考えを深めるためにはどうしたらいいのかをテーマに協議をしました。