学校は、生徒が多様であることを前提に個々のニーズを把握し適切な対応を図ろうと努めています。

今回は特別支援教育センターの指導主事を講師にお招きして、ロールプレイング(役割演技)の体験を取り入れて研修を行いました。