昼食時間となりました。クラスごとに合掌する時には、元気な声での「いただきます。」が号車内響き渡っていました。