女子に続いて男子のレースが行われました。

序盤から先頭で襷をつないでいきましたが、終盤、陽明中に抜かれ、2位で追いかける展開になりました。最終6区の山本君が追い上げるも、残念ながら2位でゴールとなりました。