英語弁論の後は、模擬店や文化部による展示などのPRタイムがありました。それぞれの企画の責任者が、お客さんにたくさんきてもらおうと、一生懸命呼びかけていました。