応援合戦の後は、各色対抗の団体種目が続きます。

最初は、タイヤ取りです。大小のタイヤを5色で取り合います。特に、金色に塗られたタイヤは高得点を獲得できるため、真っ先に奪い合いになっていました。中には、一人で2個のタイヤを陣地に持ち帰る生徒もおり、観衆を沸かせていました。