点訳ボランティア(むつみ会)の方に来ていただき、てんじ体験をしました。

 はじめに点字のしくみや読み方を教えていただき、その後、自分の紹介を点字で打ってみました。とても小さい6つの点で表す点字に苦戦しながらも、子どもたちは集中して触ったり打ったりすることができました。目に障害がある方たちの指先の感覚の鋭さや、点訳をする方たちの細かい作業の苦労を感じることができたようです。