今回の作文のテーマは「自分がしているお手つだいしょうかい」でした。

 

読んでみると当然ながら、人によってしているお手つだいが違いました。

同じだったことはみんな気を付けていることや、工夫していることがあった点です。

 

また、今回の作文では多くがお手つだいの内容を説明してくれたのですが、そのなかに「まずは」、「次に」「さい後に」という言葉を使って書いている子がいてとてもすごいなと思いました。

それでは、書かれていたお手つだいをいくつか紹介します。

 

「飼っているペット(犬・猫・鳥・魚)のお世話」(元気に過ごせるように頑張ってくださいね。)

「お風呂掃除」(予想外だったのは6、7人がしていたことです。)

「弟や妹のお世話」(とても素敵なお兄ちゃん・お姉ちゃんですね。)

「洗濯物関係(干す・取り入れえる・たたむ・しまう」(中にはたまに1人で全部やっているという子もいました。すごい!)

「料理の手伝いをしたり食器をならべたりする。」(特に料理のお手伝いが気になりました。)

 

みんな家でできることを頑張っているんだと分かりました。

作文の最後には「これからは今しているお手伝いのほかにできることがないか考えたいです。そうしてお母さんとお父さんのやくにたてるようになりたいです。」と書いている子がいました。

 

家族の一員として頑張っているみんなのことを知れてとても心がポカポカする作文でした。