以前から取り組んでいる「ゆかいな木きん」の合奏ですが、みんな上達してきています。

 

音の重なりや、みんなで音を揃えるよさを感じることができてきているようです。

今日は子どもから指揮者を出して練習しました。

 

演奏する側は指揮者の動きに合わせて演奏をし始め、

指揮者はみんなの様子を見て動き始め、演奏中は動く速さに注意していました。

 

少しずつ周りの音にも気を配り始めたようで、自分の担当楽器に慣れてきたことが分かります。

自分たちでアドバイスをし合いながら上達していける3年生のすごさを感じました。