今日は、今年はじめての図書ボランティアのみなさんによる読み聞かせがありまた。
ボランティアのみなさんと担任のメッセージをお送りします。

 1・2年『えんとつ町のプペル』
♦今公開されている映画の原作です。途中までだったのでよく分からなかったと思いますが、興味を持ってくれたらうれしいです。

●長いお話でしたが、集中して聞け、続きが知りたかったようです。

●続きが気になっている児童がたくさんいました。すてきな絵や物語で、目を輝かせていました。

 3年『Life』『カエルと王かん』

♦まわりのいろんな人たちに支えられながら生きていることを感じてほしいです。

●とても真剣に話を聞いていました。後から感想を子どもたちに聞くと、内容もよく理解していました。
 4年『心があったかくなる話』『思いやりの雪の道』
♦思いやりの気持ちって、本当に大切だと思います。心があったかくなったかな。
●季節にあったお話で、想像をふくらませながら聞いていました。先生の心温まる気持ちを共感できたようです。
 5年『くつがあったらなにをする?』『オレ、ねたくないからねない』
♦いろいな視点で物事を考えてほしいなと思いました。カエルの本はいつ読んでもおもしろく大好きなので読みました。
●1つの考え方にとらわれず、広い視野で物事を考えるおもしろさ、大切さに気付くことができました。
 6年『Ahoy There,Little Polar Bear』
♦冬っぽく北極グマの話にしてみましたが、急いで読んだので内容を分かってもらえたか心配です。
●英語の絵本の読み聞かせは、なかなか機会がないので、いい時間になりました。英語は難しかったですが、ボランティアの方が訳もしてくださったので、よくわかりました。