スクールカウンセラーさんと「ストレスとの上手なつきあい方」について学習しました。

はじめに、ストレスがたまると体の調子が悪くなったり、集中して学習に取り組めなくなったりすることを教えていただきました。

次に、ストレスを減らすためには「考え方を変えること」「上手な言い方を考えること」の2つが大切であると学習しました。

 

2枚のだまし絵から、見方を変えると違うものにも見えてくることに気づき、友達との関わり方の中でも見方、考え方を変えることでプラスな方向に考えることができることが分かりました。

上手な言い方を考える活動では、相手の思いを受け止めながら自分の思いも伝えるためにどのように話すといいかをペアで考えました。

 

自分の思いを上手に伝えられなかったり、捉え方の違いでトラブルになってしまったりすることが多いので、この授業で学んだことを普段の友達との関わりにも生かしてほしいと思います。