6月13日 農政課の藤長さんを講師にお招きして、バスに乗って、白山地区の外来種の状況を学習しました。

総ヶ谷ダムでは、オオクチバス・ブルーギルが生息しています。昔は、ヤマメやサクラマスがいたそうですが、これらの在来種を餌として食べてしまったそうです。  

暖かい時期には、のぞきこむだけでたくさんのオオクチバスやブルーギルが見えるそうです。

その日は、事前に藤長さんが仕掛けてくださったモンドリトラップにブルーギルがかかっており、実際に見ることができました。

 

 

 

 

安養寺の水路では、オオフサモの勉強をしました。オオフサモは、根っこで繁殖して、水路をふさいでしまいます。その結果、水路の水があふれ、田んぼのどてを壊し、田んぼに悪影響を与えます。

今は、5年間地道に駆除している成果で、かなり少なくなったことを知りました。駆除する以前の写真と比べると違いは歴然です。

 

 

最後に黒川で、オオキンケイギクを観察しました。葉や花の形や色で見分けます。

オオキンケイギクは10年前からとても広がりをみせている危険な外来植物です。

根が生きているとまた生えるので、根から抜いて駆除をします。

できれば、種がつく前に駆除できるとよいです。

 

バスの中では、様々な質問にも答えていただきとても有意義な時間になりました。

 

今度は学校田周辺のあぜの外来種の観察をし、実際に駆除します。

白山の環境を守るために頑張りましょう。