6月5日 今日は学校田にて、稲葉さんに教えていただきながら、雑草取りを行いました。

主な雑草はコナギとヒエとセリです。

セリは田んぼの端の方に生えています。

 

 

田植えをして2週間。

予想以上に多くの雑草が生えていました。

 

子たちは、四苦八苦しながら雑草取りを頑張りました。

 

 

今年も、「特に草取りを頑張るゾーン」と「草取りをしないゾーン」を設けました。

収穫量と雑草の関係を今年も研究していきます。

頑張っていきましょう。

 

また、田んぼには、たくさんのイトミミズがいました。

イトミミズは田んぼによい影響を与えます。

どんな影響を与えるのか調べていきましょう。

 

また、田んぼをよく見ると、全く雑草が生えておらず、また植えたはずの苗が少なくなっていたゾーンがありました。その理由は、米ぬかにあると稲葉さんに教えていただきました。

田植えをした際に米ぬかをまきましたが、その米ぬかがうまく水で全体に広がらず、そのために、雑草も減ったのですが、苗も減ってしまったようです。

米ぬかは田んぼにはよいものですが、大量にかたまったままだと、悪影響を与えてしまうものだとわかりました。

次の草取りは2週間後を予定しています。